やりたい事

さしあたり、いま思う事

無意識の中に隠された、真の情熱

長い人生の中には、一見無駄と思えるような事や時間があったりします。しかし、その一つ一つは、とても大切なものです。もし、それを無視して進んでも、必ず後からぶり返してきます。弱気になると、自分の気持ちを無視して挑戦を断念してしまう人は多いと思います。しかし、それだと非常に勿体無いです。「好きこそものの上手なれ」好きだと思う気持ちも才能の一部だからです。続けていれば、必ず未来は開ける。僕はそう信じています。
さしあたり、いま思う事

寿命に関する不都合な真実。本当は楽しめない老後の楽しみ

いつまでも若さを保ちたい。そう思う方は多いと思います。けれども、実際はどうでしょうか?多くの人が、寿命が永遠に続くものだと考えているはずです。正直、つい最近まで、僕もそのうちの1人でした。人はいつ死ぬかわかりません。明日後悔しない為に、今、自分の価値観を知り、素直な気持ちで人生を楽しむ必要があると思います。
さしあたり、いま思う事

「夢を仕事に変える」氷河期世代の壮絶な軌跡

やりたい事を仕事にする時代。かつて、仕事は単なる生活費を稼ぐ手段であり、好きなことをやりながら生きるという夢は遠いものでした。しかし、現代では情報化社会の進展と共に、人々が自分の情熱に基づいて働く機会が増えています。そんな中、氷河期世代の一員として苦労を重ねながらも、20年間やりたいことを仕事にしてきた僕が、その道のりで得た「理想と現実」について語ります。