マインド

マインド
さしあたり、いま思う事

【スケジュール作成】WBSの大項目・中項目・小項目どう決める?カレー作りで分かるWBSの作り方

プロジェクト管理において、全体の目標を細分化し、それぞれの作業を明確にすることは極めて重要です。このプロセスを効率的に行うための強力なツールが、ワーク・ブレークダウン・ストラクチャ(WBS)です。WBSは、大規模なプロジェクトを小さな作業単位に分割し、プロジェクトの全体像を把握しやすくすることで、チーム全体の理解を深め、管理を容易にします。
さしあたり、いま思う事

「悲観的に考えて、楽観的に行動する」あなたの人生を変える心理戦略

ゲームプランナーとして20年以上戦ってきた私が、ゲーム開発に取り組む「一歩目」の行動をどのように形成してきたのかを、この記事にまとめました。この記事を読むことで、あなたの未来を変える一歩になればと願います。
さしあたり、いま思う事

継続の極意を探る!多角的な視点で解き明かす「継続する力」

「継続は力なり」の意味から紐解き、継続が力になるのかと、挑戦の途中で方向転換することの価値を深掘りします。クリエイティブなプロセスと挑戦の意味を再定義し、継続の新たな視点を提供します。
さしあたり、いま思う事

失敗から学ぶ!自信を築くための価値ある教訓

自信が持てない人には、自信が持てない理由があります。これまでのゲームクリエイター経験の中で、自身のない人は山ほど見て来ました。今日は、自身のない人に共通する3つの事を紹介しつつ、自信過剰な僕の経験を元に、解決策を紹介したいと思います。自信が持てない人は必読の内容です。
さしあたり、いま思う事

やさしい気持ちになれる人。心のタンクにやさしさを貯める

優しさというのは、どんな仕事をしていても必要なものです。どんなに優秀な人であっても、優しさがなければ、チームのパフォーマンスを下げてしまうからです。優しさなんて不要だ!と考えていた僕は、多くの仲間を失いました。この記事を読んでいる人にはそうなってもらいたく無いので、ペンをとりました。
さしあたり、いま思う事

ポジティブは作れる!つまらない日々からの脱却!

今日は、自分の好きな業界、目指している業界の一端を支えているのは僕だ!という思いを持つ事で、超ポジティブになれるマインドに関しての記事です。超ポジティブな僕が、解説するポジティブマインド実践講座になります。
さしあたり、いま思う事

専門技術を極める。エンジニアの自己実現への挑戦。

これまで、沢山のプロジェクトを進める中で、エンジニアが急激に成長する経験が何度もありました。エンジニアが急激に成長するにはいくつかの条件があります。今日は、エンジニアが急激に成長する共通点に関して解説したいと思います。
さしあたり、いま思う事

ゲームで鍛えるポジティブ思考!失敗を成功に変える鍵

できない事が、できるようになると楽しい気持ちになります。現実世界でも、ゲームの世界でも、障害に挑戦したり、それを乗り越えた経験をすると、障害に対する耐性を鍛える事ができます。障害を乗り越えるマインドをゲームとともに紹介します。
さしあたり、いま思う事

自己変革の秘訣。毎年1割の成長で理想の自分に!

自分の人生を変えようと思ったらどうしますか?人生を変えるには、非常に大きなエネルギーが必要だ!と思っていないでしょうか?なりたい自分に変わりたいと思っていても、なかなk行動に移せない人に向けて、人生を変える為の方法を紹介します。
さしあたり、いま思う事

コンテニューで魂を磨け!ゲームで鍛える不屈の闘志!

挑戦したらほとんど失敗する世の中で、気をつけなければいけないのは、挑戦する方法よりも、立ち上がる経験。スキーやスケートでも、立ち上がる練習さえしておけば、ある程度思い切りよく滑る事ができる。だから、滑る技術よりもこける練習や、立ち上がる経験をたくさんした方が伸びやすい。挑戦するノウハウを勉強するよりも、立ち上がる経験をこなした方が良いです。今日は、コンテニューに関して記事を書こうと思います。
さしあたり、いま思う事

困難を楽しみに変える秘訣!ポジティブシンキングの極意

つらいことを、辛くやるのは当たり前。どんなに心が傷ついていても、歯を食いしばってゲームを作ってきました。苦しい気持ちを、誰かの笑顔の為に置き換える為、あらゆる知恵を使ってきたノウハウを共有したいと思います。結論は、つらい事をつらいままにしておかないという事。そして、どうすれば楽しめるのかを考え続ける姿勢が、それを乗り越える唯一の方法です。一人で悩まないで、楽しく乗り越える方法を一緒に考えていきましょう。
さしあたり、いま思う事

学生からプロへ!ゲームクリエイターになるための最初のステップ

ゲームのアイデアを考えて下さい。というと、多くの人は「斬新なゲーム」を考えようとします。そして、誰も考え付いていなかった「コロンブスの卵」的な発想を求めようとします。しかし、それは非常に危険です。今日は、ゲーム業界への就職活動する前のクリエイターへ向けて、プロになる為のスイッチの話をしたいと思います。