歳をとっても、くだらない事で笑いあえる友人こそ宝

歳をとっても、くだらない事で笑いあえる友人こそ宝さしあたり、いま思う事
この記事は約8分で読めます。

人生に余裕がないなぁ…。

将来、何か楽しみを見つけたいけれど見つからない…。

人生の楽しみに疑問を持っている方は、こちらの記事をどうぞ。

コンじゃぶろー
コンじゃぶろー

こんにちは!コンじゃぶろーです!

あなたは今、どんな気持ちですか?

忙しい日々に追われ、心から笑ったり、楽しんだりする時間は十分にありますか?

人生は一度きり。その一度きりの人生を、どう過ごすかはあなた次第です。そして、その選択に大きな影響を与えるのが、あなたの周りにいる「友人」です。

友人とは、ただ一緒に時間を過ごすだけではなく、共に成長し、互いに影響を与え合う存在。友人との関係性は、私たちの幸福感に大きな影響を及ぼします。しかし、歳を重ねるとともに、友人関係は薄れていきます。特に20代後半から30代前半にかけては、仕事や家庭の事情で友人との時間が減ってしまうことが多いのです。

しかし、忙しくても、多少無理してでも友人と遊ぶことは大切です。なぜなら、友人と過ごす時間は、私たちにとって大切な「リフレッシュタイム」であり、また新たな視点や発見をもたらしてくれるからです。そして、準備不足や技術不足で失敗したイベントでも、それが一生の思い出になり、後々笑い話になることでしょう。

この記事では、友人との関係性が私たちの人生に及ぼす影響、友人との時間を大切にする理由、そして失敗イベントが人生の宝となる理由について、深く掘り下げていきます。あなたの人生が、少しでも豊かで幸せなものになるように、ぜひ最後までお読みください。

本日の記事、重要なポイント

  • 友人の存在は、幸福度に大きな影響を及ぼす
  • 20代後半から30代前半に、友人関係がなくなりやすい

歳をとっても、くだらない事で笑いあえる友人こそ宝

歳をとっても、くだらない事で笑いあえる友人こそ宝

くだらない過去の記憶は、年をとってから酒の肴になります。

何回も繰り返し同じ話をしているのに、酒を飲みながらガハハと笑いあえば、幸福感が広がります

その当時は、非常に恥ずかしくて、辛かった記憶でも、後から考えればおかしくてたまらない事がとても多いからです。そして、腹を抱えて涙を流しながら、生きてて良かったと思えるのです。

人生は、困難の連続です。

それぞれが、大きなイベントを経験し、立場や役割が変わる度に、薄い絆はどんどん切れて飛んでいってしまいます。

良き友人というのは、しっかり繋ぎ止めておきたいものです

それが人生の宝になるからです。

友人の存在は、幸福度に大きな影響を及ぼす

友人の存在は、幸福度に大きな影響を及ぼす

人は、非常に孤独を嫌う生き物です。

孤独を嫌うからこそ、友人がいるかどうか?という点は、幸福度にお大きな影響を与えます。小学校の頃は、「友達100人できるかな?」みたいな歌を歌って不安になっていました。

いじめられたらどうしよう?とか、無視されたり、嫌われたり、ひとりぼっちになるのは絶対嫌だと思っていました。物心がつく前から思っていた事なので、人間のDNAに焼き付けられた事なのかもしれません。

孤独が怖くない人はいないんじゃないか?そう思いませんか?

「シュタインズゲート」というゲーム(アニメ)で、主人公が原始の地球へ飛ばされて一人ぼっちになった時の恐怖感。映画「ゼログラビティ」や、「オデッセイ」、ブラックホールに吸い込まれる「インターステラー」等、孤独感を感じるのは、映画を見る観客という立場だけにしたいものです。

created by Rinker
¥1,650(2023/12/05 19:48:04時点 楽天市場調べ-詳細)

「なぜ?」を3回唱えると、自分の本音に気づける

「なぜ?」を3回唱えると、自分の本音に気づける

孤独をどうして避けたいのか?

ゲーム開発をする中で、「孤独」という素材は、非常に興味深い材料でした。僕の中で、「孤独」は、とても怖いものだと認識されていたのも、興味を持った原因です。

何か興味の対象ができた時は、「なぜ?」と3回問いかけるのが良いです。

どうして孤独が嫌なのか?

それは、寂しい思いをしたくないから。

どうして寂しい思いをしたくないのか?

それは、誰かに寂しいやつだと思われたくないから。

どうして寂しいやつだと思われたくないのか?

友達がいない人だと思われたくないから。

学生の頃の僕、主に小中学生の頃の僕の心を支配していたのは、この感情でした。

それを回避する為に、ゲームの情報を死に物狂いで調べて、知識を入れて、必死になってコミュニケーションしていたように思います。

自分が将来やりたい仕事に対してもそう、「なぜその仕事をしたいのか?」と3回「なぜ?」を突きつける事で、自分の心の本質に近づく事ができます。

さしあたり、いま思うこと「本音をポロリ。自分の心の声に耳を傾ける」(2022/4/8)

3回の「なぜ?」を唱えるうちに、友人の存在がちらつく

3回の「なぜ?」を唱えるうちに、友人の存在がちらつく

自分の中で引っかかっている「疑問」に対して、「なぜ?」を3回突きつけると、「友人」の存在がちらつきます。

それは1回目なのか、2回目なのか、3回目なのかは、人によって変わるかもしれませんが、友人や知人、家族等、他者との関係が、人の幸福感に強く結びついているからです。

古代の人類は、孤独=死へ直結する問題だったので、僕たち人類のDNAに深く刻み込まれているのかもしれません。

では、どんな人でも友人になれれば良いかというと、答えはNOです。

会社や学校など、自分で選べない(回避できない)人間関係に囲まれると、ストレスが溜まり、健康に悪影響があると言われているからです。

さしあたり、いま思うこと「アイデアより人間関係」(2021/12/6)
  • 「なぜ?」を3回唱えると、自分の本音に気づける
  • 3回の「なぜ?」を唱えるうちに、友人の存在がちらつく

20代後半から30代前半に、友人関係がなくなりやすい

20代後半から30代前半に、友人関係がなくなりやすい

20代後半から、30代前半にかけて、友人と疎遠になりやすいメカニズムがあります。

仕事での出世、結婚、育児、転勤、引っ越し。

20代から30代は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。だから、多くの友人との関係が切れてしまいます。そこに落とし穴があります。

気づいたら、人間関係がほとんどなくなっている。仕事に没頭してきた団塊の世代では、珍しくない現象です。僕は、人一倍「孤独」を恐れた人間だったので、「定年後」の孤独に恐怖を感じていました。

テレビで紹介される。友達のいないお父さんの映像を見るたびにゾッとしていました。特に、このお父さんには友達がいません!という紹介の仕方はしていませんでしたが、ヒシヒシと感じました。

だから、多少無理して、「友達」との関係を大切にしてきました

今思えば、それが良かったと思います。

忙しくても、多少無理して遊ぶ

忙しくても、多少無理して遊ぶ

毎日飲みに行く、毎週遊びに行く。毎月1度は顔を合わす。毎年、忘年会をする。

ライングループを作り、24時間連絡を取り合う。

コロナ禍になったとしても、ZOOMを繋いでオンライン飲み会をする。

例え、家庭を持った友人同士であっても、何らかの方法で遊ぶ方法を考える。忙しさを理由に、誘われた遊びを断らないようにしていました。

どんなに仕事が忙しくても、無理して遊んできました。何度もやめようかと思いました。年を取るにつれて、仕事やプライベートで辛い経験をする事も増えてくるので、何度も友人関係を捨てようと考えたものです。

でも、やめなかった。やめなくて良かったと思います。それが大切な事だと信じていましたし、フリーランスになった今、とても助けられているからです。

さしあたり、いま思うこと「趣味を、先人から『あやかる』」(2022/3/11)

準備不足と、技術不足で失敗したイベントは、一生話題になる

準備不足と、技術不足で失敗したイベントは、一生話題になる

若い頃というのは、イベントを企画する力も、盛り上げる力も弱いものです。

さらに、いつもキャパオーバーの仕事をこなしているので、準備する時間もありません。

でも、それでいいんです。

準備不足で、技術不足な状態で行ったイベントは、ほとんど失敗します。

突然の雨、足りない道具、機材トラブル

そういった失敗エピソードこそ、一生に渡って人生の宝物になります。

古い友人と集まってお酒を飲んだ時に、何度も同じ話で盛り上がる事ができます。

くだらない事をやって、失敗してしょんぼりした思い出の数が多い程、人生は豊なものになります。

さしあたり、いま思うこと「つらいことを、楽しいことに変える知恵」(2022/6/9)
  • 多少無理してでも遊ぶ
  • 準備不足と、技術不足で失敗したイベントは、一生話題になる

まとめ 多くを求めない、失敗イベントは人生の宝

多くを求めない、失敗イベントは人生の宝

最初から、最高の仲間を求めないというのも大切なことです。

最高の仲間というのは、長い年月によって生まれるからです。どうせなら、くだらない挑戦を面白がれるような仲間の方が、老後の楽しみは増えます。

失敗すると思ってやるのはどうかと思いますが、遊びに一生懸命挑んで失敗すれば、後から笑い話にできるネタは山ほどできます。

そういう友達をたくさん作れば、長生きしても楽しい老後が待っている。

楽しい老後があるから、今を一生懸命に生きられる。

しばらく疎遠になっている友人がいれば、久しぶりに連絡してみてはいかがでしょうか?

今日が一番若い日、くだらない思い出は、幾つになっても作れると思います。

以上、さしあたり、今思う事でした。

ここまで読んでいただけてありがとうございます。

皆様の良い人生の一助になれば。

さしあたり、いま思うこと「友人は、世界規模で探す時代」(2022/3/24)
Youtubeチャンネル「2分で音声ブログ」 

コメント

タイトルとURLをコピーしました