1割変え続ければ、いつかなりたい人になれる

1割変え続ければ、いつかなりたい人になれるさしあたり、いま思う事
この記事は約8分で読めます。

ずっと苦しいんだけど、なかなか人生を変えられない…。

いつまで経っても、なりたい自分になれない…。

そういう悩みを抱えている人は、こちらの記事をどうぞ!

コンじゃぶろー
コンじゃぶろー

こんにちは!コンじゃぶろーです!

私たちの人生は、一連の選択と変化の連続です。

しかし、その変化は一夜にして起こるものではありません。それは、日々の小さな行動や決断、そして思考の積み重ねによって生まれます。この記事では、その積み重ねがどのように私たち自身を形成し、理想の自分に近づくための道筋を示すかについて探求します。

人間の体は、徐々に作り替えられ、数年で全身の細胞が入れ替わると言われています。この生物学的な事実は、私たちの心や精神にも適用できるのではないでしょうか?体が作り替えられるなら、心はどうか?記憶はどうか?私たちは、自分自身を新たな視点から見つめ直し、自己変革の可能性を探ることができます。

1年で1割変えれば、10年ほどで、考えは100%変えることができます。この考え方は、自己変革の新たな視点を提供します。過去の嫌な経験に縛られている人は、楽しい記憶で上書きしていくことができます。これは、自己変革の一部として、自分自身の物語を再構築する力を示しています。

変わらないと強く願っていたら、変わらないのは当然です。しかし、変わりたいと願い続けると、いずれ変われるのでしょうか?この記事を通じて、あなた自身の変化と成長の旅について考えてみてください。そして、1割ずつ、ゆっくりと理想の自分へと近づくための道筋を見つけてみてください。

本日の記事、重要なポイント

  • 人間の体は、徐々に作り替えられ、数年で全身の細胞が入れ替わる
  • なりたい自分に変わろうと願い続けると、いずれ変われる

1割変え続ければ、いつかなりたい人になれる

1割変え続ければ、いつかなりたい人になれる

なりたい理想の人物像があったとしても、理想が高すぎて自分には無理だと思ってしまう人は多いと思います。

自己肯定感の低い人であれば、あらゆる事を後ろ向きに考えがちです。

集中力や継続力を獲得するには、体や脳の構造、心のあり方が必要だ!ヒーローと根本的に違う!自分には到底真似できない!と、思い続けるはずです。

しかし、そう決めつけるのは、待って下さい

体や脳の構造が原因ならば、そこまで難しい対応は要りません。

人間は、毎日古い細胞と新しい細胞が入れ替わっているから、10年後には別人になっている。

塾の先生(大学生)が授業中に教えてくれた雑学によって、僕のマインドは変わりました。

それまでの僕は、集中力や継続力は、体や脳の影響を受けると考えていました。だから、形のある体が同じなら、自分の集中力や継続力がないのは、体や脳の構造のせいだからしょうがないと考えていたんです。

しかし、毎日細胞が作り替えられ、10年ごに全部入れ替わると聞いた時に、体の構造を言い訳にしなくなりました。これが大きかったのかもしれません。

コントロールできるものと、できないものを考える。

人間の体は、徐々に作り替えられ、数年で全身の細胞が入れ替わる

人間の体は、徐々に作り替えられ、数年で全身の細胞が入れ替わる

人間の体は、200種類以上の細胞があり、全部で60兆個程度で構成されています。当然、細胞は古くなると、新しい細胞に生まれ変わります。

ロボットであれば、定期的なメンテナンスが必要ですが、人間の体は自動的にメンテナンスされる機能を持っています。場所によっては数日で入れ替わる部分もあり、非常に高性能です。

体の細胞は、代謝の働きにより、ゆっくりと作り替えられる

体の細胞は、代謝の働きにより、ゆっくりと作り替えられる

人の体は、新陳代謝の働きにより、5〜7年で入れ替わと言われています。

老化により、この周期が遅れてくるそうですが、細胞を入れ替え続ける事で若さを保つ事が可能です。美容に関する努力が報われるのが、数年後になってしまうのは、このサイクルがゆっくりである為です。

細胞にとってプラスの事をすれば、細胞はどんどん若返りますし、細胞にとってマイナスな事をすれば老いていきます。通常は、紫外線によって細胞が壊れていくため、緩やかに年老いていく事になります。

近年では、老化防止の為に、様々な研究がされているそうですが、このあたりの細胞のメカニズムが解き明かされて、寿命はどんどん伸びていくかもしれませんね。

さしあたり、いま思うこと「寿命に関する不都合な真実」(2022/4/26)

体が作り替えられるなら、心はどうか?記憶はどうか?

体が作り替えられるなら、心はどうか?記憶はどうか?

10年で体が作り替えられるなら、心はどうでしょうか?

10年前の事を記憶した脳の細胞は、すでにこの世から消滅しているので、物理的に存在しなくなっていると考えるのが自然です。

しかし、10年以上前の記憶は、しっかりと残っている人の方が多いのではないでしょうか。

人が10年以上前の記憶を忘れないのは、人が定期的に古い記憶を思い出し、再び記憶し直しているからだそうです。であるならば、なりたい理想の自分を、思い続ければ、いつかなりたい自分になれるようになると思えませんか?

さしあたり、いま思うこと「習慣化できる仕組みの作り方」(2022/4/13)
  • 体の細胞は、代謝の働きにより、ゆっくりと作り替えられる
  • 体が作り変えられるなら、心は記憶はどうか考えてみる

なりたい自分に変わろうと願い続けると、いずれ変われる

なりたい自分に変わろうと願い続けると、いずれ変われる

なりたい自分に変わろうと願い続ければ、いずれなりたい自分になれます。

考え方を変えるのは、大変ですが、日々自分の記憶は失われていきます。もし、悪い考え方をしているなら、そのまま消えていってもらうのが良いでしょう。

そして、なりたい自分の姿を、毎日思い続ければ、いつかなりたい自分になる事ができます。その為には、どういう自分になりたいのかをイメージし続けなければいけません。

急に変えるのは大変でも、少しずつ変えれば誰にでも可能な事だと思います。

1年で1割変えれば、10年ほどで、考えは100%変えれる

1年で1割変えれば、10年ほどで、考えは100%変えれる

1年で1割変えようと思えば、1日あたりどれくらい変われば良いでしょうか?

非常に些細な変化でも、1年で1割変わる事になります。朝に、元気よくおはよう!と言うだけでも10年後には、変わっているかもしれません。

人の可能性というのは無限大です。1回ずつの行動は非常に小さかったとしても、十年後には別人に変わっているかもしれません。毎日腕立て伏せをする。ランニングする。募金する。

あらゆる些細な習慣を、自分の意思や意図を持ってデザインすると、なりたい自分になる事は可能です。

さしあたり、いま思うこと「人生を、10年スパンで考える」(2022/7/6)

過去の嫌な経験に縛られている人は、楽しい記憶で上書きしていく

過去の嫌な経験に縛られている人は、楽しい記憶で上書きしていく

もし、過去の嫌な経験に縛られてしまっている人がいるならば、楽しい記憶で上書きしていくのはどうでしょうか?

ネガティブな性格の人は、元々そうだと思っているかもしれませんが、強くネガティブになろうと思っているからネガティブになっています。もし、ポジティブになりたいと思っている人がいるなら、ネガティブな発言をしそうになった時、180度違う言葉にして発してみて下さい。

10年後のあなたは、今のあなたとは違う人間になっています。

それは、精神論ではなく、物理的に筋肉や骨格などの細胞が入れ替わっていますし、脳の記憶も入れ替わっています。「自分の意志で変える事ができる!」そういうマインドを持ってみてはいかがでしょうか?

さしあたり、いま思うこと「行動変容ステージモデル、行動して習慣を変える」(2022/5/25)
  • 1年で1割変えれば、10年ほどで、考えは100%変えれる
  • 過去の嫌な経験に縛られている人は、嫌な記憶を上書きし続けている

まとめ 変わらないと強く願っていたら、変わらないのは当然

変わらないと強く願っていたら、変わらないのは当然

人間は、何歳からでも変わる事ができます。

もし、変えられない人がいるなら、それは本人がそれを望んでいるからでしょう。絶対に変わらない!と、強く覚悟してしまっているから、今と同じ記憶を、脳に記憶させ続けているから変わらないわけです。現状維持であればまだ良いですが、基本的に少しずつ老化していきます

5歳児のようなマインドで、あらゆる事に興味を持ち続けるマインドを持つ事が可能ならば、ずっと成長し続ける事も可能である。僕はそう思います。

ゲームクリエイターになるには、様々なものに興味を持つ必要があります。少しでも、ゲームクリエイターとしての適性を身につける為に、今の習慣から1割ずつ変えてみてはいかがでしょうか?

以上、さしあたり、今思う事でした。

ここまで読んでいただけてありがとうございます。

皆様の良い人生の一助になれば。

さしあたり、いま思うこと「子供が持つ、潜在的な学習力」(2021/12/4)
Youtubeチャンネル「2分で音声ブログ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました